サステナビリティ経営は、対話から始まる

持続可能性=サステナビリティのある社会は社会の構成要素である企業と個人の協働により、実現可能と考えられています。 どこまでも続く空のもと、自然からの恵みと人の営みが永く続いていくように、企業も実り続けるものでありたいものです。

ところで、どのようなビジョンと手法によればサステナビリティ経営は実現できるのでしょうか。 ウェルネス・システム研究所は「社会と対話する経営」をサステナビリティ経営の本質の一つと考え企業経営をサポートする活動を行っています。